深キョンが体を張るミュージカルパート 終了フラグに落胆「なぜ…」

深田恭子&大貫勇輔のミュージカルパートに危機がせまっている。

エンタメ

2019/08/16 15:00

深田恭子

女優・深田恭子が昼は図書館の秘書、夜はスゴ腕の女泥棒というふたつの顔を持つ女性を演じるドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系)。俳優・大貫勇輔と深田が歌うミュージカルパートが来週からなくなるかもしれないフラグに、戸惑いの声が相次いでいる。


 

■世界を股にかける大泥棒

ドラマ1話目から登場している、華の幼馴染で世界を股にかける大泥棒の円城寺(大貫)。華のことを密かに思っており、思い悩んでいるときに現れ相談に乗ってくれるものの、なぜかいつも登場は歌いながら。

2話目からは男女別で歌詞の字幕がつくなど、まるでカラオケのようで、視聴者にも歌ってほしいという意図が伝わってきていた。


関連記事:深キョンの変身シーンがまさかのカット… 「寂しい」と落胆の声

 

■海外へ行ってしまう?

大貫のダイナミックなダンスと、深キョンの優しい歌声が響くミュージカルパート。これを楽しみに「ドラマを観ている」と公言する人もいるほど、今では見所の1つになっている。

しかし、今回、円城寺が海外でしばらく仕事をすることが判明。今まで頻繁に華の前に現れ、歌いながら相談に乗っていたが、海外に行ってしまうとそれができない…。

次ページ
■来週からないの!?

あなたにオススメ