米津玄師『Lemon』を上手に歌う方法 「カラオケ行きたい」の声が続出

『テレビ千鳥』で、米津玄師の『Lemon』を上手に歌う方法が紹介され、ネットでは「カラオケに行きたい」の声が相次いだ。

レモン
(nitrub/iStock /Getty Images Plus/写真はイメージです)

15日放送のバラエティー番組『テレビ千鳥』(テレビ朝日系)で、米津玄師の名曲『Lemon』を歌う方法を放送。視聴者から、「カラオケに行きたい」の声が相次いだ。


 

■みんなが「夢ならば」と思った

千鳥のノブが一番やりたいこと。それは、『Lemon』を上手に歌うことだという。「本気でボイトレに行きたい」と都内の音楽スタジオに向かい、吉田拓郎や松任谷由実のコーラスも務める今井マサキのレッスンを受けることに。

まずは現状の歌声を知るべく、ノブがガチで熱唱。その出来栄えは、大悟が「みんなが『夢ならば』と思った」と、『Lemon』の歌詞にかけて酷評するものだった。


関連記事:西内まりや、写真加工をやめた結果 ファンは衝撃「これやばい…」

 

■米津の声の芯には「志村けん」

今井がまずアドバイスしたのは、ノブの声の出し方。「いい声にする」ため、普通に息を吐く意識を持つといいのだという。感覚としてはあくびに近いものらしく、首の力を抜いて、声を出すように指導した。

また、米津の声の芯には、「志村けん」要素があるという。ノブは「ふざけてるやん」とツッコむが、大悟が「志村」を意識して歌うと、スタジオでも「おー」と歓声があがるほどの完成度になった。

次ページ
■スタジオで練習の成果を披露

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ