「電子レンジでゆで卵作りたかった」 大爆発で顔面火傷の女性が搬送

「ゆで卵、できたかしら」と顔を卵に近づけた瞬間にバーン!卵の大爆発で、女性はあまりにも痛いをしたという。

社会

2019/08/18 06:00

電子レンジ・ゆで卵
(jimface/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

食材をレンジでチン!手軽さゆえに多くの家庭で重宝されている電子レンジだが、利用法を間違えると危険な場合もある。先日は美しく若い女性が顔面に酷い火傷を負い、大変な目に遭ったことが大きく報じられた。


 

■ネットで検索した「ゆで卵の作り方」

英国で暮らすある女性(22)が、「仕事に行く前にしっかり食べなくちゃ」と朝食作りを始めた。

「そうだ、ゆで卵も作ろう」と考えた女性は、インターネットで「電子レンジでゆで卵を作る方法」を検索。そして「水の中に塩を入れておけば卵は爆発しない」というネット情報を信じた女性は、検索して得た情報通りの方法で卵を2個ゆでることにした。

加熱開始から約6分が経過し熱々の卵入りの容器を取り出した女性は、「うまくできたかしら?」と思いながら容器をのぞきこんだとのこと。しかしその瞬間に超高温の卵が大爆発。女性の顔に向け一気に飛び散ったという。


関連記事:【要注意】電子レンジでチンしちゃいけない食べ物たち 上手にレンジを使う3つのコツも!

 

■「肌がズルリと…」

女性は激痛に耐えながら救急車を呼び、待っている間に冷水を顔にかける応急処置を試みた。しかし水が顔から流れ落ちるのと同時に顔面の肌もズルリ。

焼けるような痛みは救急搬送された後も続き、何時間も肌をはぎ取られるような激痛に耐えたという。

次ページ
■目に甚大な影響も?

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ