『イッテQ』いとうあさこ、容姿の変化に驚きの声 「すごい…」

『24時間テレビ』のチャリティーマラソンランナーに選べれている、いとうあさこ。18日の放送で、目に見える変化が…!

エンタメ

2019/08/19 12:00

いとうあさこ

今月24日~25日に放送される『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)にて、24時間チャリティ駅伝に挑む、いとうあさこ

18日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(同系)内でランナー4名全員の走る距離が発表され、そこでのいとうの近影に反響が寄せられている。


 

■最年長でフルマラソンに挑む

坂本雄次トレーナーは、本番10日前にランナーのいとう、ガンバレルーヤ・よしこ、ハリセンボン・近藤春菜を招集。

連日過酷な暑さが続いていることや、担当するコースの険しさ、それぞれのコンディションを踏まえ、春菜とよしこは32.195キロ、いとうと4人目のランナーは42.195キロに距離を調整したと発表した。

当初予定されていた距離より10キロ縮められたことに、春菜は「複雑っちゃ複雑ですね」とコメント。一方、いとうは「前振りおかしくないですか?」とこぼしつつ、「距離がそれだとしても、1番の目標は皆で書いた黄色いタスキを4人で繋いで国技館に持っていくことですから」と、春菜とよしこを鼓舞した。


関連記事:『24時間マラソン』ランナー4名中1人に懸念点 「いい仲間ですけど…」

 

■「本当に痩せた…」「綺麗」

先に公表された3人については、本番までのダイエットが課題になっていた。18日の放送で、いとうが目に見えて体を絞り、目鼻立ちの美しさがより際立っていたことに、視聴者からは多くの反響が。

いとうだけでなく、有酸素運動の効果なのか、全員肌ツヤがよく綺麗になっている…といった声も多数見受けられる。


■多くの人がダイエットに挫折

練習に励む中で、順調に減量できている様子のいとう。同時に、炎天下で走ることの過酷さを物語っているようにも感じられる。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国の20代~60代の男女1,348名を対象に「最短ダイエット期間」について調査した結果、7割弱の人が「1ヶ月以内」と答えており、多くの人がダイエットに挫折している現状が浮かび上がった。

sirabee20180604diet01

ネット上で予想も過熱している4人目のランナーは、当日発表されるという。天候に恵まれ、4人全員が無事に走りきれることを願うばかりだ。

・合わせて読みたい→いとうあさこ、『イッテQ』出川ガールとの近影に驚き 「顔が…」

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年3月23日〜2018年3月27日
対象:全国20代〜60代の男女1,348名(有効回答数)

あなたにオススメ