『サザエさん』マスオ役を卒業の増岡弘 最後のエンドロールは…

18日放送の『サザエさん』。マスオ役の増岡弘最後の出演となった。

マスオさん

18日放送の『サザエさん』(フジテレビ系)で、41年間マスオの声優を務めた増岡弘が最後の出演を果たした。最後のセリフやエンドロールに注目が集まっている。



 

■最後のセリフ

増岡が所属していた俳協は5日、増岡が高齢を理由に卒業すると発表。マスオのほか、『アンパンマン』でもジャムおじさんの声を務めていた。

サザエさんでの最後のセリフは、家族全員で「あはは」と笑う場面だった。


関連記事:『ニッポンノワール』最終回ラスト5秒の急展開にネット騒然 「なにそれ…」

 

■エンドロールでは…

番組では毎回、エンドロールの際にアニメのカットが流される。

同日放送の「マスオ 増岡弘」という字幕が流れた時のカットは、サザエが納涼スリラーショーのチケットを「おとな1枚こども2枚」と言って購入するシーン。映っていたのはサザエ、カツオ、ワカメの3人で、マスオは映らず。

ネット上では、最後のエンドロールにこのような反応があがっている。

「『マスオ 増岡弘』の語呂の良さとても好きだったのになー」


「もうこのロゴを見ることもないのですね」


「お疲れ様でした」


嘆き悲しむ声が続々とあがっている。


■エンドロール、最後まで見る?

セリフ、エンドロールなど声優としての増岡の「最後」には多くの注目が集まった。エンドロールについてはこんな調査がある。

しらべぇ編集部が10~60代の男女123名に対し行なった調査では「映画のスタッフロールを最後まで見る」と答えた人は8割だった。

スタッフロール

テレビのエンドロールの場合、次回の予告が流れることが多いため、テレビでも多そうだ。半世紀近くにわたりマスオを務めてきたということに、「お疲れ様でした」と声をかけたいところだ。

・合わせて読みたい→ヒカキン、幼馴染ユーチューバーの荒稼ぎ実態に驚愕 「夢がある」

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2016年9月28日~2016年9月30日
対象:全国10~60代の男女123名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)