同じ布団で寝ていた男性を触った医師が逮捕 「性的好奇心から触った」と供述

医師が同じ布団で寝ていた男性に…

オトナ

2019/08/20 08:00

男性 ベッド
(Kate Aedon/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

夏という開放的な気分が影響しているのか、各地で性犯罪が続いている。今回は男性による男性に対する性犯罪。実態を探るべく、埼玉県警と内閣府を取材。


 

■同じ布団で寝ていたところを…

埼玉県の久喜署は17日、準強制わいせつの疑いで、上尾市上町1丁目、医師の男(56)を逮捕した。容疑は17日午前3時10分ごろ、久喜市桜田2丁目の男所有のマンションの室内で、就寝中だった県外に住む20代男性の胸から下の体を触るなど、わいせつな行為をしたもの。

同署によると、男は鴻巣市内で開業する整形外科医。被害男性とは同じ趣味を通じた知り合いで、男が男性を指導するなどしていたという。男性は1週間ほど前から男のマンションに滞在しており、この日は2人が同じ布団で就寝。

寝ていた男性が体を触られていることに気付き、「どうしたんですか、何やっているんですか」と声を出したところ、男は行為をやめ、その後男性が110番した。調べに対して男は、「性的好奇心から触ったことは間違いない」と容疑を認めているという。


関連記事:妻の知人の女子高生を就寝中に乱暴した30代男 「同意の上だった」と供述

 

■男女間暴力の実態は…

内閣府男女共同参画局は、3年ごとに「男女間における暴力に関する調査」を実施している。

2017年度の調査で、これまでに相手の性別を問わず、無理やりに性交等(性交、肛門性交又は口腔性交)されたことがあるかを聞いたところ、「1人からあった」が 3.9%、「2人以上からあった」が1.0%で、被害経験のある人は 4.9%となっている。 そして、被害経験のある女性は 7.8%、男性は 1.5%という結果に。

無理やりに性交等されたことがあった人(164 人)に、加害者との関係を聞いたところ、「配偶者・元配偶者」「交際相手・元交際相手」が 23.8%と多く、次いで「職場・アルバイト先の関係者」(14.0%)などとなっている。

性別でみると、女性では「配偶者・元配偶者」が 26.2%で最も多く、男性では「交際相手・元交際相手」が 17.4%で最も多い。また、加害者の性別については、「異性」が 89.0%、「同性」が 3.7%。

次ページ
■「誰のことも信じられなくなった」

この記事の画像(1枚)