内田理央の歌唱力に衝撃走る 「これはアカン…」「破壊力ある」

『関ジャム 完全燃SHOW』に内田理央が出演。『なごり雪』を披露することになるのだが…。

エンタメ

2019/08/20 06:30

内田理央
(画像は内田理央公式Instagramのスクリーンショット)

18日放送の『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)に、女優でモデルの内田理央が出演。内田の歌唱力に様々な反響が寄せられている。


 

■役者の歌が心に響く理由

「なぜ役者の歌は心に響くのか?」という企画のもと、菅田将輝と上白石萌音をゲストに招きトークを展開。上白石は映画『舞妓はレディ』で初めて歌声を披露してから、RADWIMPSの『なんでもないや』をカバーするなど数多くの場面で歌唱している。

そんな上白石が、歌うときに意識することとして「感情はブレス(息継ぎ)に込める」「語るように歌う」ことを挙げる。

中でも、ブレスは意識することによって歌いやすさや気持ちの冷静さが違うと語る上白石は、実際に『なごり雪』をブレスを意識している場合としていない場合で見事に歌い分ける。


関連記事:カラオケでノリノリになれない人に捧げる解決策【内田理央、こんなだけどタレントです】

 

■内田も歌を披露

また、俳優業以外にも歌手としての活躍が目覚ましい菅田は、その時演じている役柄によって歌声が変化してしまうというエピソードを語り、そのときに生まれる歌声は「偶然でしかない」と感想を漏らす。

ドラマ『向かいのバズる家族』で主演を務めるなど女優として活躍する内田も、菅田の話に共感している様子。しかし、歌が苦手だという内田は「歌を歌う機会はカラオケくらいしかないから…」と自分の歌を思い出して爆笑し始める。

そこまで笑うほどの歌声を「逆に聞きたい」と言われた内田は、上白石が歌った『なごり雪』を披露すると、「これはアカン」とスタジオは大爆笑し内田は赤面。「これはこれでかわいらしい一面やわ」「逆に伝わってきそう」と全員でフォローする展開になった。

次ページ
■歌声に驚く一方で

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ