『月曜から夜ふかし』居酒屋店員が語る「客への逆クレーム」に共感殺到

お客様への逆クレームを特集。居酒屋からも声が…

エンタメ

2019/08/20 06:00

居酒屋店員
(TAGSTOCK1/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

20日の『月曜から夜ふかし』で放送された「居酒屋店員が語る客への逆クレーム」に共感の声が集まっている。


 

■おしぼりの使い方に苦言

「お客さんへの逆クレームを聞いてみた件」に登場したのは、居酒屋を経営する佐々木さん。まず客に苦言を呈したのが、おしぼりの使い方。

来店時人数分のおしぼりを渡したにもかかわらず、30分後にまた同じように要求する客がいるそうで、佐々木さんは

「どこ拭く? そんなに何回も。タダじゃねえんだよおしぼりも。なんぼ出しても金取れるわけじゃねえしさ。だからマックだって笑顔だけじゃんタダなの」


と苦言を呈した。


関連記事:西内まりや、写真加工をやめた結果 ファンは衝撃「これやばい…」

 

■取り皿の枚数にも…

次に佐々木さんが指摘したのは、料理の取り皿。客のなかに「フライドポテト用と枝豆用と厚焼き玉子用の取り皿。人数分お願いします」と頼んでくることがあるのだという。この件については、

「それ取り分ける? 本当に? みたいな。たこわさをさ、5人も6人も取り分けるかな」


と不快感を顕わにする。

次ページ
■最後の指摘は…

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ