高校球児に愛された「特大カツ丼」が販売中止に その理由に怒り

甲子園側にある「大力食堂」で、名物メニューのカツ丼大盛りが販売中止に。その理由はSNS映え目的に来店する客が、食べきれないのに注文することだった。

スポーツ

2019/08/21 13:30

カツ丼
(ma-no/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

22日の決勝を前に、盛り上がりが最高潮になっている全国高等学校野球選手権大会(甲子園)。現地を訪れる高校球児たちにとっては、一生記憶に残る夏になっただろう。

そんな中、甲子園球場近くにある食堂で名物メニューが販売中止に。21日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)の放送内容が注目を集めている。


 

■球児が愛した特大カツ丼

この日、番組では兵庫県西宮市にある「大力食堂」を取材。同店は超デカ盛りのカツ丼(800円)が名物で、甲子園でたたかった球児たちが多く訪れることでも知られていた。

店主の男性(81)が「とにかく安く腹いっぱい食べてほしい」と半世紀以上にわたって続けてきたメニューで、来てくれた球児に「また来年もおいでよ」と言うのが楽しみだったようだ。


関連記事:『ニュースキャスター』でSNS映えビジネスを紹介 ビートたけし「いいねの逆はないのか」

 

■販売中止の理由は「SNS映え」

しかし、このたび提供をやめたという。その理由はSNS映え目当ての客の存在だ。インパクトのある見た目が災いしてか、写真を撮るために注文し、食べきれずに残してしまう客が増えたという。

これに対し、店主の男性は「半分以上ほかす(捨てる)のはおっちゃん辛いわ」と語っていた。この映像を見たスタジオ出演者からも「残して辛いと思わないのかな」「何人かで行くとか、そういう配慮で全然違うと思う」などの声があがっていた。

次ページ
■「バカなの?」「あり得ない…」

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ