神奈川と千葉の教師が性犯罪で逮捕 責任者は取材に「極めて遺憾」

児童買春と準強制わいせつで捕まった教師たちはいったい何を考えているのか

オトナ

2019/08/22 07:40

教師
(liza5450/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

お盆休みもあり、教師の性犯罪が落ち着いていたところだったが、休み明け一挙に逮捕者がでた。しらべぇ取材班は、各県警そして各教育委員会を直撃。


 

■高校生を買春

神奈川県警鎌倉署は、20日、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで、横浜市磯子区居住の市立小学校の常勤教諭の男(31)を逮捕した。

容疑は5月26日午後0時15分ごろから同4時20分ごろまでの間、同市神奈川区のホテル客室内で、藤沢市在住高校3年の女子生徒(17)に現金2万円を渡す約束をして、みだらな行為をしたもの。

同署によると、男と女子生徒は会員制交流サイト(SNS)を通じて知り合ったとみられるという。取り調べに対し、男は「自分の欲望を満たすためだった」などと供述しており、同署が余罪の有無などを詳しく調べている。


関連記事:児童買春で公判中の元教諭がまた別の中学生を 「SNSを通じて知り合った」

 

■「極めて遺憾」とコメント

横浜市南部教育事務所によると、男は、港南区の相武山小学校の個別支援学級の担任だったという。教員採用試験を受験し続けており、現在は臨時的任用職員という身分。まじめで勤務態度に問題はなかったという。

所長は、しらべぇ編集部の取材に対して、

「現在本人とも連絡が取れておらず、事実の確認中である。事実であるとすれば、教育委員会として、教職員の不祥事防止に全市的に取り組んでいる中、極めて遺憾であり、今後事実関係を踏まえて厳正に対処して参る」


とコメント。児童の心のケアにもあたるという。

次ページ
■泥酔男性の介抱を装い…

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ