いとうあさこ、ゴール直前で「棒を持ったヤバイ奴」乱入… 感動の声

惜しくも放送時間内でのゴールは叶わなかった24時間駅伝。いとうあさこのゴール直前でコースに乱入してきた、ある人物の大胆なサプライズが話題に…

エンタメ

2019/08/26 05:45

いとうあさこ

24日~25日にかけて放送された『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)。

24時間駅伝が惜しくも放送時間内にゴールすることが叶わなかったのだが、ゴール直前でアンカー・いとうあさこを鼓舞したある人物の大胆な行動が、大反響を呼んでいる。


 

■スーツ姿の内村光良が乱入

感動のゴールシーンとCMが重なってしまうというアクシデントにも見舞われてしまった、24時間駅伝。

『行列できる法律相談所』(同系)内で、ゴールテープを切るまでの一部始終が放送されたのだが、いとうが国技館の敷地内に入ると、棒のようなものを持ってコースに乱入するスーツ姿の男性が映り込んでいた。

その男性とは、『世界の果てまでイッテQ!』(同系)で共演している内村光良。番組内で使用する「Qの棒」を持って走り、いとうに何か大声で言葉を発すると、そのまま走り去っていった。


関連記事:『24時間マラソン』ランナー4名中1人に懸念点 「いい仲間ですけど…」

 

■いとう「ヤバイ奴かと…」

映像を振り返り、いとうは「何か持ってるし、ヤバイ奴かと…」と本音をポロリ。内村も「警備員さんに止められそうになった」と明かし、本当に飛び入りでの応援だったよう。

内村は、ランナーの4人を「みんな本当に早かった」と讃え、いとうを追い抜いて走り去る算段だったが「お前早いんだもん。今俺が1番汗だくだよ!」と、スパートをかけていたいとうのスピードに手こずってしまったようだ。

次ページ
■「不審者かと…」「最高!」

あなたにオススメ