8年婚活した男性、レジでの振る舞いに騒然 「明日は我が身…」

8年婚活中の34歳男性。アパレルショップでデート相手の女性がワンピースを気に入ったので「買ってあげるよ」と格好良く言った結果…

エンタメ

2019/08/26 19:00


 

■19,000円を1,900円と見間違え…

アパレルショップで服を見ていた際、デート相手の女性が一着のワンピースを気に入ることに。それを見て男性は「似合うから買ってあげるよ」と格好良く言ったのだが、じつは彼は19,000円という値札の表示を1,900円だと勘違いしていた。

レジに持っていったところで見間違いに気づくも、時既に遅し。というのも男性は節約のためカードは持ち歩かない主義で、手持ちのお金も足りなかったのだ。結果的にワンピースはキャンセルすることに。それが原因か、フラれてしまったという。


関連記事:松本人志、左利きの豆知識披露も「右利きで良かった」の声が続出したワケ

 

■「努力の方向が違う」「明日は我が身」

嘘のような展開でデート相手の女性にフラれてしまった男性。ネット上では「結婚相談所に通ってる意味がない」など厳しい声のほか、「こういう人は趣味の場に通うほうが出会いがあると思う」などの声も。

また、「明日は我が身」と他人事に思えない人もいたようだ。

もっとも、一方では「人柄はいいと思う」「8年ダメでも前向きに頑張るメンタルの強さは、一緒に暮らしていくうえで武器になると思う」など、男性の長所を評価する声も多数見られた。


■2割に「周囲に婚活中の人」

しらべぇ編集部では全国20〜60代の男女1,664名を対象に「結婚について」の調査を実施。その結果、全体のおよそ2割が「婚活している人が周囲にいる」と回答。その中でも、20~30代の女性は3分の1が当てはまる結果となった。

婚活している人が周囲にいる性年代別グラフ

婚活がいかに一般的な行動になってきているかがわかる結果だ。

たしかに女性慣れしていない印象の男性だったが、どんなことも捉える人次第であり、そこをポジティブに評価する人もいる。今後も婚活を続けるのなら、良い部分を評価してくれる人と出会い、幸せな未来を掴み取ってくれることを願いたい。

・合わせて読みたい→熊田曜子、交際相手に求める条件に驚きの声 「意外に…」

(文/しらべぇ編集部・宝田洸太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年12月14日~2018年12月17日
対象:全国20代~60代の男女1,664名(有効回答数)