おかずクラブ・オカリナが語るファン論が名言 「一生懸命お金を落とすこと」

『おっさんずラブ』好きのオカリナが名言

エンタメ

2019/08/27 05:00

財布
(maroke/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

27日放送の『帰れま10』(テレビ朝日系)で、おかずクラブ・オカリナが語った「ファンの在り方」に共感する人が続出している。



 

■『おっさんずラブ』出演者が登場

今回は大手焼肉チェーン店「牛角」を舞台に、「100種類を超えるメニューのなかから一度も間違えずに人気ベスト10を当てたら100万円」というチャレンジを行う。

挑戦するのは『おっさんずラブ』の田中圭・吉田鋼太郎・林遣都・沢村一樹ら俳優陣。そして同作品の大ファンとして知られるおかずクラブ・オカリナも参加する。挑戦は順調に進んだが、内田理央が間違えてしまい、100万円獲得は夢と消えた。


関連記事:おかずクラブ・オカリナ、『おっさんずラブ』に偏見持つ蛍原に「不愉快」

 

■外したら映画を見るなと言われ…

その後は帰宅するためにベスト10を当てる作業に。ファンとして挑戦することになったオカリナは「もし当てたら大好きなシーンをやってほしい」と懇願。そして「ちずの役をやらせてほしい」と話す。

この発言にトシが「なんでだよ。お前外したら映画観るなよ。それくらいのことが必要」とツッコミを入れる。すると狼狽したオカリナは、

「私たちファンができることは一生懸命お金を落とすことなんです。やめてください」


と力説。結局オカリナはベスト10以外のものを注文してしまうが、田中圭は「オカリナさんが作品を愛してくれているのは知っている」として、もう1人のゲスト・ロバート秋山のアテレコをする形で「シーン再現」に応じる。

さらに番組の最後には、オカリナが再びチャレンジ。見事成功し完全制覇となったことから、「シーン再現」が実現。目の前でそれを見た彼女は、涙を浮かべて喜んだ。

次ページ
■発言に「名言」の声

この記事の画像(1枚)