保育士12名による集団虐待が判明 保護者は「園も市も向き合ってくれない」

下関市の認可保育所のずさんな経営と悪質さが取材で判明

話題

2019/08/27 18:40

虐待許せない
(takasuu/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

全国的な虐待事案が発覚する中、下関市の認可保育所で、複数の保育士による虐待が判明。しらべぇ取材班は、関係者からの情報提供を受け、下関市、保育所、そして虐待を受けた児童の保護者を直撃した。


 

■市に報告書を提出

山口県下関市の私立認可保育所「新生保育園」は26日、職員34人のうち12人が園児の手や尻をたたく不適切な保育をしていたことを明らかにした。

園を運営する社会福祉法人「新生園」は同日、不適切な保育があった場合は園長が速やかに指導することなどを盛り込んだ改善報告書を市に提出。

報告書には、保護者から相談があった際は不適切な保育があった前提で園長が事実確認をし、職員を指導するなど再発防止策を記している。


関連記事:下関・認可保育園で園児に暴力の疑い 「ただの暴力」と非難の声

 

■保護者の申し出を受けて…

保護者が7月10日に市の幼児保育課に虐待を受けているのではないかという申し出を行った。同月24日には、保護者が市の担当者2名に対して、3時間半の説明を行った。

この時に、市の担当者に対して証拠として、虐待の様子の音声データを提出。しかし、市職員は、この音声データをすべて聞いていなかったという。

その後、市は同月30日に保育園に立ち入り調査に入った。そこで、園長などから園児に対して叩くなどの行為を確認し、その後8月4日には職員への聞き取りを行い、この事実を確認。

次ページ
■隠蔽工作が行われていた

あなたにオススメ