一人親家庭で16歳長男が父親を殺害 「部屋を掃除しろ」にカッとなる

部屋が汚く散らかっている状態。これは気になる人はとても気になるものだ。

社会

2019/08/31 11:00

家族
(TAGSTOCK1/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

高校生の男子が、自分の部屋を散らかしていて「片付けなさい」と親に注意されることはよくあるもの。親としても、まさかその一言で我が子に命を奪われると思ってはいないはずだ。


 

■部屋を掃除するよう命じられ…

米国アラバマ州マディソン郡のトニーという町で今月24日、16歳の長男が家庭にあった銃で43歳の父親と12歳の弟を撃つという事件が起きた。通報したのは近隣住民で、「何発もの銃声が鳴り響いた」という内容だった。

父親は搬送先の病院で死亡し、弟は意識不明の重体。逮捕された長男は「父親に部屋を掃除するよう命じられて口論になり、カッとなった」などと話している。

保釈保証金は20万ドル(日本円にして約2,130万円)と設定され身柄は拘置所に送られたが、16歳でも成人と同等の裁きを受けさせることが検討されているという。


関連記事:父親が我が子にした“包丁での虐待”に怒りの声 「何でこんなむごいことが…」

 

■シングルファザーと息子2名

逮捕された長男について、親類や近隣住民はメディアの取材に「どこにでもいるごく普通の16歳の男の子」と表現しており、決して評判は悪くない。

だがシングルファザーが息子2名を育てていたその家庭では、父親が感じていた以上に息子たちは心のなかで母親不在の寂しさと闘っていた可能性がある。

さらに家事もしなければならない、弟の面倒もみなければならないなど、長男の心の中に漫然としたプレッシャーや不満がくすぶっていたことは否めない。頑張りの糸が突然切れ、凶行に出たものとみられている。

次ページ
 ■祖父母の苦悩そして愛情

この記事の画像(2枚)