陣痛を訴えるも「まだ大丈夫」 入院拒否された妻を支え夫が自宅で分娩介助

「出産はまだまだと言われたのに…」という男性、家で妻の分娩をひとりで介助!

社会

2019/09/01 05:15

陣痛・妊婦
(AntonioGuillem/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「我が子の誕生にはぜひ立ちあいたい」という男性もいるいっぽうで、「それだけはちょっと勘弁してほしい」という男性も確かにいる。今回話題になっているのは、その選択肢もないまま自宅で「助産師」役をこなした男性である。


 

■陣痛開始で苦しむ妻と病院へ

妻との間に間もなく第一子が誕生するとあって、とても楽しみにしていた男性が英国にいる。

そんな中ついに妻が「お腹が痛い」と言い出した。それが絶叫に近いものだったこともあって男性は非常に驚き、すぐに救急車を呼び妻と病院へ向かったという。


関連記事:陣痛に悶絶する妻を励ましたい 夫の行為に「ウザイ」「私なら殴る」の声

 

■「まだ大丈夫です、出直してください」

しかし病院で妻を診察した医師は、「まだ子宮口は2センチしか開いていませんよ」。そのため病院にとどまることを許可されず家に帰されたというのだが、その後1時間ほど経過した頃にバスルームから絶叫が聞こえたという。

「もう生まれる、あなた助けて!」という妻の叫びを聞いた男性はすぐに電話で救急隊を要請したが、「大丈夫、こちらの指示通りに分娩を介助してあげて!」とオペレーターに言われたとのこと。

出産まで間が無い事を悟った男性は、バスルームで苦しむ妻を必死に助けたという。

次ページ
■自宅で赤ちゃんが誕生!

この記事の画像(1枚)