張本勲氏、大谷選手所属球団の打撃コーチを猛批判 「仕事していない」

大谷翔平選手のバッティングについてコーチに苦言

スポーツ

2019/09/01 11:30

張本勲

1日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、張本勲氏が大谷翔平選手のバッティングについて、所属するアナハイム・エンゼルスの打撃コーチを厳しく批判した。


 

■田中将大投手を称賛

番組はまずシアトル・マリナーズ・菊池雄星投手とニューヨーク・ヤンキース・田中将大投手が試合で投げ合い、田中投手が勝利し6年連続二桁勝利を達成した様子を取り上げる。

張本氏はこの件について「面白いもので、日本では対戦ないんですよ」と説明し、記録について

「6年連続だからね、安定してるから、これは立派だと思います」


と褒め称える。なおこの日もダルビッシュ有投手のことは一切振れられなかった。


関連記事:張本勲氏、膝手術の大谷選手に走り込み不足指摘 MLBには「関心なし」

 

■大谷選手の話題になると…

次に話題は大谷翔平選手の打撃成績に。関口宏がフリップを見ながら「大谷君が調子悪い」と触れると、張本氏は「良くないのよ。昨日チラッと見たらバッティングが崩れてる」と指摘する。

関口が「どう崩れましたか?」と聞き返すと、

「いやあもう全体的に崩れてるからね、手直ししないと。そら10試合なかなか続かないんですよ。相手も打たさないと思って投げてくるから」


と語る。さらに、

「それをしっかりサポートして教えているコーチがいればいいんだけど、アメリカは言わないからね。全然言わないから」


と憤りを見せる。関口も「言わないの? なんのためのコーチなのよ」と指摘すると、張本氏は

「聞いたら言おうというコーチですから。それで結構な給料もらってね、本当に何やってるんだと思うぐらい」


と大谷翔平選手が所属するアナハイム・エンゼルスの打撃コーチを猛批判した。

次ページ
■視聴者から反論相次ぐ

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ