犬の唾液から恐怖の細菌感染 女性が手の指6本と両脚を切断

動物由来感染症を予防するためにも、動物との過度のふれあいを避け、よく手洗いを!

社会

2019/09/01 17:00

犬
(Nataba/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

犬を愛してやまない1人の女性の身に起きた大変な悲劇。犬や猫など動物を飼っていると、稀にはこんなことも起きてしまうという恐ろしい話題が海外から伝えられた。


 

■最初はインフルエンザと勘違い

米国オクラホマ州在住で2018年10月、60歳になって間もない女性が突然の体調不良に見舞われた。

悪寒と高熱、全身倦怠感、頭痛などゆえにインフルエンザを疑ったが、血圧や血流が低下して足が思うように動かなくなり、慌てた夫が彼女をセント・アンソニー病院に連れていった。

その数日間の行動すべてを聞き取りした医師が、表情を変えたのは「飼い犬にごはんを与える際、咬まれました」という部分だった。医師はそこで動物由来の細菌感染を疑ったという。


関連記事:両足の先が壊死して切断 サロンでネイルを施した女性に起きた悲劇

 

■傷そのものは浅かったが…

女性は犬に咬まれた傷口をよく水で洗い、念のため抗生物質の軟膏をつけていた。傷自体たいしたことはなく、皮膚科や外科などは受診していない。

そして行われた血液検査の結果、彼女はカプノサイトファーガ・カニモルサスという細菌性病原体に感染していることがわかった。

これは犬や猫の唾液に含まれているカプノサイトファーガの3種の細菌(カニモルサス・カニス・サイノデグミ)の一つで、飼っている犬や猫が健康であっても、咬まれたり引っ掻かれたりすれば感染・発症することがあるという。

次ページ
■手の指6本と両脚を切断

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ