超勤勉で生真面目な父 宝くじ当選を10ヶ月も家族に黙っていたワケ

いきなり何十億円も手に入れた男性、「でもワシはまだ働きます」

社会

2019/09/03 09:20

宝くじ
(Kana Design Image/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

実直で真面目なある家のお父さんが、いきなり宝くじを当て想像もできぬ大金を手にすることに。

しかしまさかの幸運に恵まれてもなお「やったぜ! お前ら、これで大金持ちだぞ!」などと家族に即知らせるようなノリのお父さんではなかった。

この男性は当選から1年近くも家族の様子をじっと見守り、「大きな変化に順応できるのだろうか」と観察。同時に自分の生き方についても考えながら過ごしたといい、このほどようやく「ある決断を下した」という。



 

■真面目な父が愛した宝くじ

カナダで暮らすベトナム出身のある男性は、庭師としてこつこつ働くとても真面目なお父さんだ。

そんな中、機会があると数字を記入するタイプの宝くじを購入。気付くと「くじ歴約30年でした」というお父さんが必ずこだわった数字は、家族の誕生日に関係するものだった。


関連記事:年末ジャンボ宝くじ当選妄想 当たったら仕事辞める?家族に言う?

 

■まさかの当選

そんな男性が、昨年いきなり当選。48億円近くを手にする権利を得た男性は「ショックでした」「嬉しかったもののビックリですよ」とコメント。

ベトナム戦争後にカナダに移住してからというもの、必死に働き妻と3人の子を養ってきた男性だが、ものすごく嬉しい反面「ある不安もあった」という。

次ページ
■10ヶ月も家族には内緒に…

この記事の画像(1枚)