超勤勉で生真面目な父 宝くじ当選を10ヶ月も家族に黙っていたワケ

いきなり何十億円も手に入れた男性、「でもワシはまだ働きます」

社会

2019/09/03 09:20


 

■10ヶ月も家族には内緒に…

「家族はどんな反応をするんだろう」と不安になった男性は、自分の今後についてもしっかり考えながら暮らすように。

そして当選から1年近くが経過しようやく当選金をもらいに行った男性は、「まずは家のローンの支払いを済ませ、家族を旅行にでも連れて行きます」とコメントした。

だが具体的な金額や使い道につき子供たちにはしばらく伏せておくつもりだといい、「10年、いえ20年後には伝えましょうかね…」「僕は子供たちに真面目に働く大人になってほしいのです」と父としての心境を語っている。


関連記事:宝くじで6億円当てた中卒無職男性の現在に衝撃 「1年で3億円散財して…」

 

■仕事への意欲は変わらず…

この男性はすでに50代後半。働いてばかりの人生だっただけに仕事を辞めても良い気はするが、男性は「ワシだってまだ若い」「しかも元気なのですから、家族との休暇を楽しんだ後は仕事に復帰します」と話している。

宝くじ当選で大富豪デビューを果たすも「その後の散財でスッカラカンになりました」という人の話をよく聞くが、この男性とその家族であれば、そのような結果にはならないだろう。

・合わせて読みたい→自分の収入を打ち明けられる? 公務員は4割が「家族以外の知人にも言える」

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

この記事の画像(1枚)