「一緒に帰りませんか」女性を誘いわいせつ行為 タクシートラブルの実態とは

タクシーの同乗を誘い、降りたところで卑劣な犯罪を強行し逃走

オトナ

2019/09/04 19:20

タクシー
(the.epic.man/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

横浜のタクシー乗り場で同乗を誘われた女性が、事件に巻き込まれた。しらべぇ編集部は、神奈川県警への直撃取材とタクシートラブルの実態を追った。


 

■「一緒に帰りませんか」

神奈川県警旭署は3日午前8時45分、被疑者自宅前の路上で、旭区川島町に住む会社員の男(36)を強制わいせつの疑いで通常逮捕した。

容疑は6月29日午前1時35分頃から同40分頃までの間、横浜市旭区内の路上において、近くに住むアルバイトの女性(26)に対して、胸を触るなどのわいせつな行為をしたもの。

同署によると、男は、同区内の駅前でタクシーを待っていた女性に「一緒に帰りませんか」などと声を掛けて同乗。女性の自宅近くで降車後、女性を触り逃走した。現場周辺の防犯カメラ映像などから男が浮上したという。


関連記事:タクシー運転手が女性客に強制わいせつ タクシー協会に対策を聞いた

 

■タクシートラブルの要因

そしてタクシーでのトラブルはよくあることだという。まず前提としてタクシーは密室だという点が挙げられる。今は防犯のためにクリア板などの防犯対策がされているが、トラブル回避には充分と言えない状況。

さらに犯罪をする人にとってはタクシーの密室は好都合だそう。

トラブルが起きても運転手ひとりで解決しなければならない点、通報されても警察が来るまで密室だという点が多数のトラブルの要因になっている。

次ページ
■乗り逃げ、踏み倒し、暴行など

あなたにオススメ