河本準一、膵臓壊して死ぬかもと思った過去 「視界が暗くなって…」

河本準一は3日自身のブログで、急性膵炎を発症し「死ぬかも知れない」と思った過去について語った。

エンタメ

2019/09/04 20:30

腹痛
(metamorworks/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

お笑いコンビ・次長課長の河本準一が、3日自身のブログを更新。過去に2度発症した急性膵炎について語った。


 

■「死ぬかも」という恐怖

2010年に急性膵炎を発症した時のことを振り返り、「死ぬかもという恐怖を味わいました」と綴る河本。それから3年が経ち、お酒の量を「適量を維持する」という約束のもと飲酒を再開したようだが、酒の量は増え2015年に2度目の急性膵炎を発症。

河本は「人は怖いもんです」と、一度死ぬかも知れないという思いをしながらも飲酒量をセーブできなかったことについて語る。


関連記事:河本準一、交番にお金を届けた娘に感動 その金額に驚きの声も

 

■現在も定期検診に通う

再発した際は自身でタクシーを呼び病院へいたようだが、受付まで歩ける状態ではなく、ストレッチャーに乗せられて視界がゆっくり暗くなっていき、「あ、死ぬ…」と思った時から記憶は飛んでいるという。

再発から4年たった今も、定期的に検査に通っている河本。「今の担当医の先生は酒のさの字もだしませぬ」と自虐気味に語る。

ブログの最後に河本は、「美味しさがわかるので今でも飲みたい気持ちはもちろんあります」「ただ今は一滴も飲まず完璧な状態に持っていくまでは飲みません!」と決意を綴った。

次ページ
■温かいコメントが

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ