河本準一、膵臓壊して死ぬかもと思った過去 「視界が暗くなって…」

河本準一は3日自身のブログで、急性膵炎を発症し「死ぬかも知れない」と思った過去について語った。

エンタメ

2019/09/04 20:30


 

■温かいコメントが

河本の体調を心配する読者からは、温かいコメントが多数寄せられている。

「唯一無二の河本さんの命を長く長くまっとうするためにも、どうぞ我慢すべきお酒は眼中に入れず、ますますのご活躍を楽しみに見守らせて下さい」


「いつも応援しています。お笑いで天才だと思う人は、河本さんです」


「生きててくださってよかった、と心の底から思います。健康にいろいろ気をつかってらっしゃるので、きっと元の元気な身体に回復すると信じてます!」


関連記事:河本準一、娘からの置き手紙に書かれた内容に困惑 「してやられましたわ」

 

■死にかけた経験はある?

「死ぬかも知れない」という恐怖を味わった河本。しらべぇ編集部が、全国20代~60代の男女1378名を対象に調査を実施したところ、「死にかけたことがある」と回答したのは全体の16.3%。

病気や事故など、原因は人それぞれかも知れないが、およそ6人に1人は経験者がいるようだ。

現在は体のために青汁を飲んでいるという河本。お酒を好む河本にとってはつらい時期かも知れないが、ストレスにならないよう健康に気を使ってほしいものだ。

・合わせて読みたい→明石家さんま、電車内でのファンサービスに河本準一も感動 「神です」

(文/しらべぇ編集部・稲葉 白兎

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年5月20日~2016年5月23日
対象:全国20代~60代男女1,378名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)