列車に乗っていた乗客のリュックから煙 モバイルバッテリーの危険性とは

西鉄車両内の乗客のリュックから煙があがった原因とは…

話題

2019/09/05 20:30

モバイルバッテリー
(turk_stock_photographer/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

通勤・通学の電車内で、思わぬ事故が発生。しらべぇ取材班は、状況・原因を探るべく、福岡市消防局、西鉄本社を直撃した。


 

■乗客のリュックから煙が…

福岡市消防局や西鉄などによると、午後7時39分に西鉄天神大牟田線の高宮から西鉄平尾間(福岡市)を走行中の普通電車(筑紫発天神行き、4両編成)内で、「車内で煙がただよっている」という119番通報があった。

電車は西鉄平尾駅で停車し、リュックを持った男性がホームに出て、車掌が消火器で消火。消防局によると、消防車両3台(うち救急車1台)が出動したが、現場に到着したときには、鎮火していたという。

ホームにいた30代女性が消火器の消火剤を吸って気分が悪いと訴え、福岡市内の病院に搬送された。

また、警察によると、リュックは60代の男性乗客のもので、中にはモバイルバッテリーのほかコードレスのイヤホンなどが入っていたという。列車は午前7時56分頃運転を再開し、消防は午前8時59分に現場撤収した。


関連記事:いよいよ開始!「ポケモンGO」チームカラーのモバイルバッテリーをゲットだぜ

 

■モバイルバッテリーの危険性

消費者庁は、モバイルバッテリーに関する注意喚起を行っている。モバイルバッテリーは、スマートフォンやタブレット等を充電できる予備の電源として、近年急速に普及。

軽量でありながら高電圧かつ大電力なため、 多くの消費者にとって身近なものになっているが、取扱いを誤ると発熱によってやけどを負うこともあり、場合によっては事故につながることもあるという。

同庁には、モバイルバッテリーに関する事故情報が平成25年6月から令和元年6月末までに162件寄せられており、中には、公共交通機関の中で事故が起こり、運行が遅延したり、火災が発生したりする事例もあった。

次ページ
■主な事故事例

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ