アメリカ人が日本の『ねこ展』を見た結果 「日本人は猫ちゃん好きすぎ!」

テキサスで猫は恐怖の存在? 山梨県立博物館で猫展を見たアメリカ人は…

地域

2019/09/05 10:30

日本の美味しいものを食べ尽くすべく、8月に来日していたアメリカ人のジョナサン。彼はとんかつや焼肉などさまざまな美味しいものを食べまくったので、いったん休憩したいらしい。

そこで彼が足を運んだのが、山梨県立博物館で2日まで開催されていた企画展「すごすぎる! ねこ展~ヒトとネコの出会いと共存の歴史~」。


 

■山梨県の『ねこ展』へ

来場者が3万人に達するほど人気の展示だったが、この展示はアメリカ人から見てどう思うのだろうか?

場内の撮影許可を得てから入ると、まずは猫と日本人の歴史が見られる展示が。


関連記事:原発事故から4年、変わらぬ状況は「人災」か…孤立した福島・飯舘村の猫たち

 

■日本最古の絵に描かれた猫に驚き

こちらの『信貴山縁起絵巻』は日本最古の「絵に描かれた猫」がおり、前にはその猫を再現したぬいぐるみまである丁寧さ。

「1,000年近く前から猫を絵に描くなんて、日本人はよっぽど猫が好きなんだな…テキサスでも猫を飼っている家はあるけど、犬とか馬のほうが人気だね」と、日本人の猫好きに感心するジョナサン。

次ページ
■猫の癒し効果を体験

この記事の画像(13枚)


あなたにオススメ