ジャニーさんお別れ会祭壇に元KAT−TUN田口の似顔絵  「タッキー、気を使いすぎ」の声も

4日、東京ドームで「ジャニー喜多川お別れ会」が行われ、9万人を超えるファンが集まった。

ジャニー喜多川お別れの会

ジャニヲタ歴30年ライター、ナンシー関ヶ原です。昨日は、長時間並んで「ジャニー喜多川お別れ会」に参列してきました。



 

◼️ジャニーさんの私服が驚くほど小さい

一般の参列者は約9万人にのぼったというお別れ会。筆者も夕方5時ごろに東京ドームにつきましたが、すでに長蛇の列。ドームから遠く離れた少年野球場まで列は伸びていました。

2時間並んでやっとドームの中へ。ジャケットと野球帽ジャニーさんの写真が大きく飾られ、隣に写真と同じらしきジャケット、野球帽が祭壇に飾られていました。中1男子くらいの服のサイズにびっくり。

これを見たジャニヲタ(40代・会社員・女性)は…「ジャニーさん、小さい体でがんばってきたのね。」としみじみ。


関連記事:グラドル・小島みゆ、オーディションで涙する姿に反響 「ファンになった」

 

■ジャニー流の空気づくり

ちなみに筆者は、博物館で豊臣秀吉が着ていた陣羽織を見たことがあります。その陣羽織がめちゃくちゃ小さかったことを思い出しました。日本を統一した権力者、秀吉がこんなに小柄なのかと。ジャニーさんも秀吉のように小さな体だったんですね。

お別れ会の囲み取材で、嵐の大野くんは「ジャニーさんに敬語を使うと『仲間はずれだ』と言われました。友達のように接してくれて何でも言いやすい空気を作ってくれましたね。自分が大人になって気づきました。」とコメント。

体の大きなおじさんが上から目線で説教するのではなく、中学生くらいの背丈のジャニーさんが10代の男の子にタメ口で話す、というスタイル。このスタイルで若い男の子と社長の間に親密な空気ができ、タレントのやる気があがって成功したのかもしれません。

次ページ
◼️祭壇に辞めたタレントの似顔絵