ヴィーガンの女性、バーベキュー好きの隣家を訴える 「私への嫌がらせ」

裁判所の「門前払い」のような却下も女性のプライドをひどく傷つけてしまった。

社会

2019/09/06 09:00

バーベキュー
(flyingv43/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

静かな生活環境が気に入って長く暮らしていたとしても、転出入で隣家の顔ぶれが変わるということはある。それによる環境の変化に耐えられなくなってしまったら、どうするべきなのか。


 

■裏の家の人々がしていること

豪・西オーストラリア州のギラウィーンという町で、マッサージセラピストをしながら生活している1人の女性。彼女はすべての動物性食品を拒む完全菜食主義(ヴィーガン)で、庭で野菜や果物を育てる静かな生活環境を愛し、それまでは問題なく暮らしていた。

ところが裏の家に、自分とはまったく対照的な考え方の人々が暮らすようになった。彼らは庭でのバーベキュー(以下BBQ)が大好きで、子供たちは連日バスケットボールに興じ、楽しそうな歓声を上げる。当然ながら女性は「耐え難い」と感じるようになったという。


関連記事:BBQマニアが語る 住宅街で絶対にバーベキューをしてはいけない4つの理由

 

■裁判所は女性の訴えに対し…

隣家の庭から流れ込むBBQの肉や魚が焼ける臭い、煙、そして子供たちがはしゃぐ大きな声。これらに我慢できなくなった女性は今年7月、「隣家の迷惑行為をやめさせたい」との訴えを地元の下級裁判所に起こした。

ところが裁判所は「審理するに値しない」としてその訴えを却下。これに不服な女性は、新たに約600ページもの文書を作成して州裁判所および最高裁判所に持ち込んだ。

しかし彼らも、「誰にもBBQやバスケットボールをやる権利があり、肉・魚を食べる自由がある。彼らがしていることはオーストラリアのごく一般の家庭がしていること」と、やはり隣家を支持。却下したばかりか女性に「無駄な上訴は避けるべきです」と諭したという。

次ページ
■不安と苛立ちで眠れない女性

この記事の画像(1枚)