シバター、N国党・立花氏に「裁判やりたくない」 動画大荒れの事態に

NHKから国民を守る党・代表の立花孝志参議院議員が、ユーチューバーのシバターに宣戦布告。名誉毀損で訴えるという立花氏にシバターは…

エンタメ

2019/09/06 13:00

いわゆる「物申す系ユーチューバー」として知られるシバターが、「NHKから国民を守る党」(以下、N国党)の立花孝志党首から「裁判を起こす」と迫られている。

そんななか、シバターが公開した動画が、ファンから大不評を買っているようだ。


 

■シバターに「逃げるなよ」

今回の騒動の流れを簡単に解説すると、N国党所属の久保田学立川市議会議員の過去について、シバターが動画内で言及したことが発端。

久保田議員から「名誉既存で訴えられないですか?」と相談された立花党首が、シバター本人に民事裁判を起こす意向を伝えたところ、「しつれいしました。動画、非公開にしておきますね」「本当にすみませんでした。今後一切ネタにしません」とメールが返ってくることに。

これに対し、立花党首は「そんなんで済まないだろ」「ネタだったら何でもいいと思ってたのかって、それは無理だよ」などと動画内で批判。


関連記事:シバター、N国党・立花党首との裁判なくなり安堵 理由に「レアケース」

 

■「裁判やりたくないよ」と懇願

これを受ける形でシバターも自身のチャンネルに「立花さん、俺裁判やりたくないよ」と題した動画をアップ。そこで、仮に裁判を起こしたとしても得する人はだれもおらず、結果的に久保田議員の過去がより周知されてしまうだけだと訴えた。

しかし、立花党首が動画内でシバターからの返信メール画面を晒していたこと、シバターが上記動画のコメント欄を封鎖し、評価できないように設定したことが、さらなる火種になってしまう。

次ページ
■「裁判に備えて」「裁判ニゲターさん」

この記事の画像(1枚)