「クレープどうぞ」 14歳の男子生徒たちが精液や尿入りの食べ物を先生に…

「大人として裁けばいい」という声も…。

社会

2019/09/08 06:00

クレープ
(Alla Orlova/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

SNSの人気と普及で、「いいね!」の数や知名度にこだわる人達がずいぶん増えた。そんな中、ある学校の男子生徒たちが「とんでもないアイデア」を思いつき決行。最悪な行動が問題視され裁判沙汰になった。



 

 

■男子生徒たちの思いつき

米オハイオ州で暮らす7名の少年たち(14)が、5月に「世界のグルメ」と題された授業に出席。それを前に「面白い動画を撮ろうぜ」という話になり、精液や尿入りの食べ物を先生たちに食べさせるという最低なアイデアを思いついた。

うち1名が自宅で精液を採取し学校に持参。それをクレープにかけたとのこと。また1名については尿をバーベキューソースに混入したといい、その事実が漏れ伝わったことで裁判沙汰に発展した。


関連記事:「幼女が好きそう」とからかわれて生徒を殴った教師 暴行容疑で起訴される

 

■先生たちはそれを食べたのか…

問題を起こした生徒たちのうちひとりが先生の視界を遮っている間に、別の生徒が精液をクレープに、そして尿をバーベキューソースに混入。

手渡された先生たちは、それを食べてしまったという。視界を遮った少年はグループ内で送りあったメッセージ、そして動画を消し、証拠隠滅を図った可能性が高い。

次ページ
■弁護士の言い分

この記事の画像(1枚)