オアシズ・光浦靖子、学生時代の初バイトで受けた陰湿な嫌がらせとは

8日放送の『誰だって波瀾爆笑』にオアシズが出演。光浦靖子が学生時代のバイトのエピソードを話した。

エンタメ

2019/09/09 16:40

光浦靖子

8日放送の『誰だって波乱爆笑』(日本テレビ系)に、お笑いコンビ・オアシズの大久保佳代子光浦靖子が出演。光浦が大学生だった時、バイト先で遭ったイジメのエピソードを明かした。



 

■東京外大の光浦

光浦は愛知・成章高校から猛勉強の末、東京外国語大学のインドネシア語学科に入学。

なお、相方の大久保も千葉大学文学部と、2人とも有名国立大学の出身。光浦が大学に入って初めてのバイト先は、製パン工場だった。時給はよかったのだが、「闇」が深かったようだ。


関連記事:パート先でママ友とまさかの遭遇 信じられない一言に「見下された」と怒り

 

■「あれやっちゃいましょうか」

光浦によると、当時バイトしていた工場では「パートのおばちゃん vs バイトの大学生」の対立構造があったという。光浦は知らずに巻き込まれた。

和菓子部の水ようかんを製造するラインに配属された光浦。ラインで製造順に、葉っぱを置くパート、ようかんを置くパート、ようかんをくるりとひっくり返す光浦、箱に入れるパートと、パートのおばさん達に挟まれるように立った光浦。

パートのおばさんの1人に「あんた大学生?」と問われ「はい」と答えると、「あれやっちゃいましょうか」となにかを企まれる。

次ページ
■猛スピードで水ようかんライン