夫に「小遣いなし」「仕事以外は全部育児」を強制する妻に“女尊男卑”の声

『上田晋也ニュースな国民会議』でタレント・エッセイストの下田美咲の育児論に賛否が殺到…

エンタメ

2019/09/09 15:40

下田美咲
(画像は下田美咲Instagramのスクリーンショット)

8日生放送の『上田晋也のニュースな国民会議』(TBS系)で、タレント・エッセイストの下田美咲が極端な育児論を熱弁。賛否が起こり、一部からは「女尊男卑」を指摘する声もあがっている。



 

■結婚・出産・育児への考え方

視聴者と論客100名で「日本の宿題」について議論を交わす同番組。下田は、「婚姻件数過去最低」を記録し、今後の大きな問題とされる「未婚・少子化対策」の解決策について持論を展開していく。

「恋愛と出産は別、結婚と出産も別。夫の育休を義務化すべき」と下田は主張。3年前に結婚はしたが、「出産と結婚のハードルは違う」のが下田の考えの根本にある。

「結婚はしたけど、あなたの子供を出産するかは決めていない。あなたが父親に値する人とわかったら出産する。そうじゃなければ、別れて父親にふさわしい人を探す」と伝え、夫も納得の上で結婚したと明かす。


関連記事:産後間もない妻を残し単身赴任していた夫 帰宅時の発言に「悲しい」

 

■下田の出した条件

それでも夫から「子供が欲しい」と伝えられた下田は出産に際して2つの条件を出したという。

夫は一般的なサラリーマンだが「収入も時間も少ない」と下田は考えているため、「育児にお金がかかるので小遣いなし」「仕事以外の時間は全部育児」と出産の条件を提示。

それに納得した夫だが、出産後も育児の時間が足りないと判断した下田は夫に仕事を辞めさせて、自分が時間をみつけて働いていると語る。

下田は子供の昼寝中などにエッセイストとしての作業ができ収入があるが、一般的な夫婦では難しいと解説。夫側の育児時間を増やすためにも「男性の育休義務化」を強く推した。

次ページ
■男性の育休義務化には賛成だが…

この記事の画像(1枚)