ヒナを死なせたと逆恨み 3年間カラスに集団で襲われ続ける

「外出時は木の棒を必ず持ち歩く」と男性。その理由とは…?

社会

2019/09/10 09:40

カラス
(Saloni Agarwal/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

鳥が集団で襲ってくるなど、まさにパニック・サスペンス映画の世界だ。しかも鳥たちは意外にも賢い。もしも相手を選んで襲ってくるとしたら…?


 

■「思い当たることが」と男性

インドのマディヤ・プラデーシュ州のスメラという村に暮らすある男性は、ここ3年にわたり、外を歩くたびにカラスの攻撃に遭うとして悩んでいる。しかもカラスたちは、複数の人のなかから彼だけを選んで襲ってくるそうだ。

『タイムズ・オブ・インディア』の取材に、「思い当たることがたった一つあります」と話すその男性。彼は3年前、鉄製の網に絡まり、もがいているカラスのヒナを発見し、助けてあげようと試みた。だがヒナはとても弱く、彼の手の上で死んでしまったという。


関連記事:ツルならぬ「カラスの恩返し」 女性宅の窓辺に贈り物が届く

 

■とんだ誤解から逆恨み

高いところからその光景をじっと見ていたカラスたち。彼らはその一件で男性にヒナを殺されたと誤解したのだろう。「とんだ逆恨みから攻撃を始めたとしか考えられません」と男性は話している。

友人によれば、カラスたちは男性を見つけた途端にカーカーと騒ぎ始め、仲間を呼び寄せるとのこと。1羽ずつ戦闘機のようなスピードで急降下し、鋭いくちばしや爪で突っつくそうだ。

それは非常に痛いといい、男性は3年にわたり外出時には必ず棒を持ち、威嚇のためそれを振り回しながら歩いている。

次ページ
■専門家によると…

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ