39歳ママ11人目の出産で初めての女児 兄10人「かわいい」と奪い合い

次こそ女の子がほしいという夢。それを何度も裏切られた女性だったが…。

社会

2019/09/11 11:00


 

 

■家族には大きな心配事も

女性の夫でこの子たちの父親は、じつは早期のパーキンソン病と診断され、体調管理が大変だ。そこで母親を助けてくれるのが年長の男の子たち。日々、家事や育児の大事な戦力になってくれている。

「息子たちは競い合うように『僕が妹を守る、面倒をみる』と宣言しています」


「女の子らしい服を選ぶ、髪をかわいく結ってあげる、そんなことも楽しみみたいです」


そして女性は、家族のためにと早々に仕事への復帰を検討している。一家は毎日2.8リットルの牛乳と食パン2本を消費し、ダブルサイズの冷蔵庫2台に食べ物がぎっしりという暮らしをしているからだ。


関連記事:福原愛、花柄ワンピ姿披露 「傘も服も可愛い」「こんなママほしい」

 

■子だくさんを夢見るのは…

ちなみに日本では、自分の子供を何人くらい持つのが理想なのか。しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,358名を対象に調査を実施したところ、20代男性の3割がなんと「4人以上」と回答していた。

子供

広い家があり、食費にも教育費にも困らず、蓄えも十分。そしてイクメンなパパ。すべての条件が揃えば「子供4人」も夢ではないのだろうが…。

・合わせて読みたい→鈴木亜美、第2子を出産 「痛くて…」と授乳搾乳のつらい経験を回想

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2018年2月9日~2018年2月13日 
対象:全国20代~60代の男女1,358名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)