変態ストーカー、女性宅に無断で侵入 添い寝や下着の持ち帰りも

今さら「後悔しています」という男だが、女性の不安感は払しょくできぬままだ。

社会

2019/09/11 09:00


 

 

■精神的な安定を欠いたせい…?

この男については、昨年も「女性に対しメールを送るなどするハラスメント行為をやめなさい」と警告を受けていたとのこと。

それでも止まなかったストーカー行為ゆえに裁判沙汰に発展したが、担当弁護士は「本人も反省しています」とコメント。パーソナリティ障害、鬱、不安障害といった診断が下ったとも話しているが、それが女性への執拗なストーカー行為と関係があるか否かは不明だ。


関連記事:「新型コロナウイルスに感染したの!」 女性がとっさの嘘で強姦被害を免れる

 

■男に下された接近禁止命令

この男に下されたのは2年間の接近禁止命令で、この期間は女性にも、女性が暮らす通りにも、絶対に近寄ってはならないという。またリハビリ治療を命じられたほか、罰金などの支払いも命じられた。

しかし当然女性の不安は払しょくできぬまま。2年のあいだこの男が本当に接近禁止命令を守るのか、2年が経過した後はどうなるのかなど気になる点は多く、女性の恐怖心はまだまだ消えそうにない。

・合わせて読みたい→「娘を守りたかった」 子供を強姦しようとした元夫殺害の女性に有罪判決の可能性

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

この記事の画像(1枚)