スーパーで手にとったラップに異変 「こんな低レベルなイタズラ…」

スーパーでラップを購入しようとしたところ、イタズラが…元タレントの立花胡桃さんのブログ記事が話題に。

ライフ

2019/09/11 13:30

 

■「衝撃的です」「さみしい気持ちに」

もし店員が気づかなかった場合、立花氏はそのまま家に持って帰ってしまい、異変に気づいたときには返品しにくくなっていることだろう。

この投稿に対し、読者からは驚きの声や、実際に目にした同様の出来事にまつわるエピソードが寄せられることに。

「じ…事件ですね。そんなことあるんですねー! 衝撃的です」


「酷いことをする人がいるものですね。何だか淋しい気持ちになります」


「近所のスーパーでは、レトルトカレーの箱がカッターで切られていたり、変なことしてストレス発散してる人が増えたような気がします」


「洋服店のレジで私の後ろに並んでた人の靴が、使用済みの靴と差し替えられてました。ぱっと見気づかない。お店の人にそんなことあるんですねって言ったら、たまにあるってびっくり」


関連記事:シバター、N国党・立花党首との裁判なくなり安堵 理由に「レアケース」

 

■イタズラ好きは4分の1

しらべぇ編集部では以前、全国20〜60代の男女1,357名に「遊び心について」の調査を実施。その結果、「イタズラが好きなほうだ」と答えた人は全体の25.8%だった。

いたずらが好き性年代別グラフ

もっとも、立花氏は「イタズラ」と形容した今回の行為だが、店員に見つかれば警察に通報されてもおかしくない。目的は不明だが、決して許される行動ではないだろう。

・合わせて読みたい→N国・立花氏と舌戦続ける爆問・太田 「お前も俺も同じ病気だから!」

(文/しらべぇ編集部・宝田洸太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年7月13日~2018年7月17日
対象:全国20代~60代の男女1,357名(有効回答数)

あなたにオススメ