季節外れのインフルエンザで学級閉鎖相次ぐ 感染を防ぐための予防策は

インフルエンザによる学級閉鎖が全国で相次ぐ理由とは…

話題

2019/09/11 20:30

男児
(ziggy_mars/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

全国各地の学校でインフルエンザによる学級閉鎖が相次いでおり、沖縄では患者が急増している。しらべぇ取材班は、関係各機関を直撃した。


 

■先週に比べて大幅増

国立感染症研究所が、10日に発表した直近1週間(8月26日~9月1日)の全国1医療機関あたりの平均患者報告数は0.39人。新型インフルエンザが流行した2009年に次ぐ多さであり、前週の0.24人から大幅に増えた。

特に沖縄県では注意報レベル10人を大幅に上回る20.31人に達し、前週の1.5倍を超えている。報告数が全国平均を上回ったのは、沖縄のほかに和歌山(0.55人)、宮崎(0.54人)、埼玉(0.42人)。


関連記事:インフルエンザ大流行について厚労省に聞いた 「うがいは効果なし」「ワクチン接種者も要注意」

 

■緯度と亜熱帯気候の影響か

沖縄県庁地域保健課によると、今年の流行では特に9歳以下の小さな子どもの感染が多いという。担当者は取材に対して、

「本土と緯度が違うのと、亜熱帯気候の影響が考えられる。亜熱帯気候の国では、インフルエンザが夏に流行することがある。本県でも、何年かに一度、夏に流行している」


と述べた。

次ページ
■学級閉鎖が相次ぐ

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ