つるの剛士、娘・友人の電話の受け答えに困惑 「これが携帯電話世代…」

つるの剛士がツイッターを更新。娘の友人からの固定電話への入電に困惑した様子を示した。

エンタメ

2019/09/12 07:40

 

■「そんな時代に」と驚きの声

このつるのの投稿に、多くの読者は「そんな時代に…」「変わったなあ」と驚きを示す。しかし一部には、「親のしつけ次第」といった声も見られた。

「悲しい現実ですね! もしもしくらいは言ってほしい…」


「もう固定電話の時代じゃないんですね。なんか寂しい感じがします」


「うーん、でもそうした問題は親のしつけ次第では? だからこそ我が子にも教えないとですね」


関連記事:遅刻しそうでも携帯で連絡すればOK?若い世代で広がりが

 

■若年層に”電話離れ”も?

”携帯電話世代”とのギャップを感じたつるの。しかし時代は未だに進み続け、昨今ではSNSの普及から「電話」自体から離れている人も一部にはいるようだ。

しらべぇ編集部が全国20~60代の携帯またはスマホユーザーの男女1,348名を対象に調査したところ、「ケータイ・スマホの電話には出ないと決めている」と答えた人は全体の約1割。とくに若い世代に、その傾向が顕著に表れた。

「好きなパパタレント」ランキングでは常に上位に位置するつるの。今回の一件に関して、父親としてどのように子供達に教えるのだろうか。

・合わせて読みたい→つるの剛士が指摘した”保育士試験の受験資格”とは 厚労省は「議論重ねてバランスを調整」

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年10月19日~2019年10月22日
対象:全国20代~60代の携帯またはスマホユーザーの男女1348名 (有効回答数)