「いつでもあなたのお人形」 アイドル・愛乙女☆DOLLが新体制の展望語る

アイドルの新たな可能性を秘めたグループ・愛乙女☆DOLL。その魅力に迫る。

愛乙女☆DOLL

お気に入りの楽曲を音源で聴くのも良いが、会場の熱気や臨場感が味わえるライヴはやはり格別。佐野友里子、日向春菜、太田里織菜、佐倉みき、前田美咲、星凪桃佳ら美女6名で構成されたアイドルグループ・愛乙女☆DOLL(ラブリードール)の単独ライヴイベントに、しらべぇ編集部が訪れた。


 

■かわいくてダイナミック!

愛乙女☆DOLL

ファンから「らぶどる」という愛称で親しまれているラブリードールは、「いつでもあなたのお人形」がキャッチフレーズのグループ。フレーズ通り側に置いておきたくなるような「キュートさ」と見ごたえ抜群な「迫力ある」ライヴのギャップが魅力的で、エンターテイメント精神満載のステージが話題を呼んでいる。

メンバー各々よりライヴが始まる前の心境を聞いてみた。


関連記事:AAA・宇野実彩子が『CanCam』表紙デビュー 「色っぽく撮ってもらえた」

 

■らぶどるの新たな挑戦

今回、新たに始動するプロジェクトの一環で設立されたアーティストレーベル「LOVELY RECORDS」。らぶどるは同レーベルの第1弾リリースアーティストとして、11月下旬にシングル『未来航路』をリリース予定だ。

愛乙女☆DOLL

同日のライヴでは、レーベルの立ち上げ及びシングルリリースの情報が解禁となる。リーダーの佐野は「ファンがどんな反応をしてくれるのか、すごい楽しみ」「今のメンバーで初のシングルが出せるのも嬉しいです」と新体制での意気込みを語っていた。


■コスチュームも一新

メンバーそれぞれに担当カラーが存在するらぶどるだが、7月末から白を基調としたデザインの衣装にチェンジしたのが印象的。

今回のライヴでもかわいらしさが映える白い衣装を纏っており、赤色担当の太田は「メンバーそれぞれがこだわって作った衣装です!」「今まではカッコいい衣装が多かったんですけど、今回はラブリーな衣装になっています」と衣装のポイントを熱弁している。

愛乙女☆DOLL

合間に新曲「Green」を挟みつつ、「カレンダーガール」や「セツナツ、ダイバー」といった代表曲が立て続けに演奏された今回のライヴ。ラストソングの「High Jump!!」という曲名通り、らぶどるのさらなる飛躍を期待したい。

・合わせて読みたい→鈴原りこ、「ポロリシーンはあった」と赤面しつつ告白 問われた肝心のシーンの答えは…

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ 撮影/HIRO)

この記事の画像(5枚)


あなたにオススメ