最低な女教師… 性感染症を秘密にしたまま14歳の男子と肉体関係に

性欲を満たしたいがために、身勝手な行動に出た40代の女。その罪はあまりにも大きい。

社会

2019/09/14 16:40

性行為
(Milkos/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

母でありながら、子供と同じ年頃の少年と肉体関係に溺れていた女教師。しかもこの女は性感染症を患っていることを秘密にしたまま、1年以上ものあいだ少年と関係を続行。

その関係につき「ママって最悪」と我が子らに叱責されたことを機に親子喧嘩が勃発し、それに続き通報されたことが逮捕につながった。



 

 

■14歳の少年との淫らな関係

米ニュージャージー州で暮らし臨時教師として働いていた女(45)には、ふたりの子(13歳、14歳)の母という顔も。

しかし2018年には現在14歳の少年と肉体関係になり、すでに性感染症にかかっていたにも関わらず「それを伏せたまま15ヶ月ものあいだ関係を続けていた」という。


関連記事:息子の同性愛告白を許せず… 殺人を犯した母に実刑判決

 

■子供たちの怒り

女は自宅でも同少年と性行為に及んでいたことから、子供たちも母親の行為に気づき激怒。今年8月には性的にだらしない母親とついに衝突し、「未成年とこんな関係を続けているママにはムカムカする!」と母親を激しく責め立てたという。

事実を指摘されカッとなった女は我が子を叩き、それを知った子供たちの実父が「あの女が子供たちを虐待した」と当局に連絡した。ついには警察も介入し経緯を調べた結果、女と少年の関係がすぐに明らかになったという。

次ページ
■「性感染症とは知らなかった…」

この記事の画像(1枚)