秋元才加、打ち合わせ中のプチパニック告白 「誰も気づかず…」

秋元才加がツイッターを更新。衣装合わせ後のハプニングを告白し、ネットで話題に。

エンタメ

2019/09/14 07:20

秋元才加

元AKB48で女優の秋元才加が、13日にツイッターを更新。衣装合わせ後のうっかりミスを告白し、ネット上で話題となっている。



 

■「すみませんでした」

同日、とある企画の衣装合わせだったという秋元。そのまま打ち合わせに向かうと、同席していた衣装スタッフが「プチパニック」状態になったという。

その原因とは、衣装として使う脚絆を外し忘れていたというもの。デニムジーンズに巻いているからか、写真で伺う限りでは違和感たっぷり。思わず「すみませんでした。 頑張ります」と仕切り直す秋元だった。


関連記事:ハライチ岩井、今年の目標を聞かれて辟易 「本当に鬱陶しい」

 

■「お疲れさま」と労いも

この告白に、秋元の疲労を察した人もいたようで、ネットからは「お疲れさま」「頑張れ!」と応援の声が。なかには「普通におしゃれ」といった声も見られた。

「衣装合わせに打ち合わせに、お疲れさま…! 応援してます!」


「その脚絆、普通におしゃれだから気付きませんね(笑)」


「単なるおしゃれに見えるよ! お忙しいでしょうけど、頑張れ才加さん」


■半数「思い出すと恥ずかしい経験アリ」

しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1353名を対象に「思い出すと今でも恥ずかしくなる出来事」について調査を実施したところ、5割強の人が「ある」と回答する結果となった。

思い出すと恥ずかしくなる出来事

被り物や上着ならすぐに気づきそうなものだが、脚絆となるとなかなか意識がいかないのかもしれない。逆に本番での着用を忘れないといいが…。

・合わせて読みたい→ハライチ岩井、番組への不満漏らす乃木坂46・秋元真夏に説教 「後輩だろ」

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年12月22日~2015年12月24日
対象:全国20~60代の男女1353名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)