亜細亜大講師が解きほぐす「NHKから国民を守る党」が国民を魅了する理由

立花孝志代表や「NHKをぶっ壊す!」といったキャッチフレーズの強さについても分析。

社会

2019/09/14 13:30

立花孝志

亜細亜大学講師で「国体文化」編集長、里見日本文化学研究所所長の金子宗徳氏に、先の参院選で議席を獲得したNHKから国民を守る党(N国党)が、なぜ人を魅了するのか聞いてみた。


 

■躍進の背景は…

———今回の参院選では、れいわ新選組とN国党が躍進しました。N国党はほとんど選挙運動に金を費やしませんでしたが、全国で2%超の票を得ましたね。その要因・背景は何だと思いますか?

金子:「躍進」というより「芽生え」という段階ですかね。ただ、出来レース化した現在の政界に対する有権者の不信感が可視化されたことは、間違いないと思います。


第2次世界大戦に敗北してから70有余年、我が国は、アメリカによる庇護の下にありました。もっと露骨に言えば、アメリカの「属国」でした。そして、田中角栄など例外はありましたが、自由民主党はアメリカの意図を汲み続けてきました。


もちろん、これに対する反発はありましたが、55年体制下の日本社会党はソ連を礼賛し、現時点における野党第一党の立憲民主党も中国や韓国に甘いなど、結局のところ他国の意向を忖度しています。


こうした状況下、他国の意向に忖度されず、自国のことは自国で決めたいという思いを抱く人は少なからずいました。


しかし、アメリカをはじめとする他国の意向を忖度することが習い性になっている政治家・官僚・大企業経営者・知識人・メディア関係者の「勝ち組」からすれば、そのような存在は目障りですから黙殺されてきました。


インターネットの発達により、そうした黙殺されてきた思いが噴出するようになります。その最も典型的な表れが、「ネット右翼」の抬頭です。



関連記事:マツコがN国党の当選に対し苦言 「ふざけて投票した人もいるのでは」

 

■立花代表の強み

———ネトウヨは生まれるべくして生まれた、と。


金子:はい。既存のメディアから黙殺されてきた主張が自由に展開されるようになり、さらにはネットからリアルに進出する動きも生まれます。


立花孝志・党首も、そうした流れの中で出てきた人物です。彼に確固たる思想的確信があるか、正直なところ分かりません。


ただ、大阪府泉佐野市に生まれ、府立信太高校を経てNHKに入社し、経理に携わっていたという経歴からは、反都会・反エリートの土俗的な匂いと地頭の良さを兼ね備えた人物という印象を受けます。


次ページ
■他のネトウヨとの違い

あなたにオススメ