いじめは見ているだけでも同罪? 4割が「見て見ぬふりしたことある」

いじめを止めるのは、とても勇気のいることだが… 

ライフ

2019/09/16 10:00

見ない
(champja/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「いじめは見ているだけでも同罪だ」と言われることがある。しかし、いじめを止めに入ったことがキッカケで、今度は自分がターゲットにされることもあるかもしれない。それを恐れ、関わらないように見て見ぬふりをしてしまう人も、多いのではないだろうか。


 

■約4割が「見て見ぬふり」

しらべぇ編集部が、全国10~60代の男女1,721名を対象に調査したところ、「いじめを見て見ぬふりをしたことがある」人は、全体の38.3%であった。

いじめ

4割弱の人が、いじめを見て見ぬふりをしてしまった経験があることが判明。なお、男性39.3%、女性37.5%と、男性のほうがやや多いが男女間で大きな差はみられなかった。


関連記事:ライフスタイルによって変化? 50代男性は庭付きの家に憧れる傾向も

 

■高齢層と若年層に大きな差

また、この調査結果を男女年代別に見ていくと…

いじめ

もっとも割合が高いのは30代男性で、49.3%。20代女性が45.3%、40代男性45.0%で続き、男女ともに20~40代の割合が高い山型のグラフとなった。対して、もっとも割合が低かったのは60代で、男性29.6%、女性20.8%だった。

経験率は通常、年齢が上がるほど割合も高くなるため、この結果は大変興味深い。SNSが普及した昨今では、対面でのいじめ以外にも「ネットいじめ」と呼ばれるものも存在する。

ネットいじめは、匿名での書き込みであることも多く、犯人を特定しにくいこともあるようだ。若い世代はより、いじめを止めることが難しくなっているのかもしれない。


■地域によってバラつきも…

さらに、この結果を地域別に見ていくと…

いじめ

もっとも割合が高かったのは北陸地方で55.9%。甲信越が46.4%、東海地方が45.9%で続く。対して、もっとも割合が低かったのは四国地方で31.8%であった。北陸地方と四国地方では、24ポイント差が開く結果なった。

・合わせて読みたい→こんな下着を履いてほしい… 男性の2割が女性の下着にこだわる傾向も

(文/しらべぇ編集部・赤坂

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年5月17 日~2019年5月22日
対象:全国10代~60代の男女1721名 (有効回答数)

この記事の画像(4枚)


あなたにオススメ