不登校ユーチューバー、ゲームチャンネル開設で「かわええな…」

不登校ユーチューバー・ゆたぼん君がゲーム実況チャンネルを開設。1本目の動画は意外にも好反応な結果に。

エンタメ

2019/09/17 14:30

ユーチューバーと一口に言っても、その活動内容はさまざま。一般的なおもしろ動画をアップしていたとしても、収益性の高さを考えて他のジャンルへと移動することもある。ゲーム実況やパチンコプレイ動画などは、その代表格だろう。

そんな中、「不登校ユーチューバー」として活動するゆたぼんくんがゲームチャンネルを開設したことを報告。早速アップされた動画に、意外な反応が……。


 

■ゲーム実況チャンネルを開設

16日、ゆたぼん君は自身のメインチャンネルにて「【ゲームチャンネル作りました!】ゆたぼんSwitchを買って『ゆたぼんGames』を開設!」という動画をアップ。

ゲーム実況チャンネルも大人気の人気ユーチューバー・ヒカキンの影響を思わせるチャンネル名だが、初めてアップされた動画でも「スマブラスペシャルきたー!!」と冒頭で叫ぶなど、実際ちょっとヒカキンっぽい。


関連記事:ゆたぼん君、“渋谷でベッド”のジョーとコラボ 批判との向き合い方聞かれ…

 

■無邪気に楽しむゆたぼん君

ということで、ゆたぼん君がプレイすることになったのはご存知国民的タイトル『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』。現在9歳のゆたぼん君だが、今までSwitchは持っていなかったそうで、操作などはまだわかっていない模様。

しかし、それだけに『スマブラ』に触れた感動も大きかったようで、キャラ選択画面で「こんだけしかいねえの今!?」と反応したり、操作するキャラが攻撃を受けると「痛っ!!」と声を出したり、「やられたよ、ちくしょー!」と画面に向かって言うなど、小学生らしさ爆発。無邪気に楽しむ様子が確認できる。


■「こっちのほうがいい」「かわいい」

「学校に行きたくない子は行かなくていい」「人生は冒険だ」などのメッセージを発信し、これまでネット上で賛否両論を巻き起こしていたゆたぼん君。

宿題が嫌で不登校になったにも関わらず、イジメに悩んでいる子供に対して「学校に行くな!」「死ぬな!」とメッセージを送っていたことも「説得力がない」と人気ユーチューバー・シバターに論破されていた。

しかし、今回アップされたゲーム動画では一転子供らしい笑顔をみせており、思わず「かわいい」「こっちのほうがいい」と思った視聴者も少なくなかったようだ。

「不登校がどうとかいう動画よりこっちのほうが素敵」


「ゆたぼんかわいい」


「前はなんやこいつと思ったけど、今はかわええな」


「普通に一緒にやりたい笑」


「画面の比率間違ってるぞ。もっとお前の顔を詳しく見せてくれよ」


これを機に、ゆたぼん君の動画の方向性は変わっていくのだろうか。収益性も高そうなうえ、もしゲーム実況者として人気を博せば、大きなお金も入ってきそうだが……今後の展開を見守りたい。

・合わせて読みたい→ゆたぼん君、ブログ開設でコメント欄の“治安”が激変 その理由は…

(文/しらべぇ編集部・宝田洸太

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ