『TWO WEEKS』黒木瞳の息子役で話題 新人俳優・島村龍乃介にインタビュー

三浦春馬主演『TWO WEEKS』で、久我融役を演じた島村龍乃介にインタビューを行った。

島村龍乃介

今年開催された『ホリプロメンズスターオーディション』で、ファイナリストに選ばれた島村龍乃介。

現在放送中のドラマ『TWO WEEKS』(カンテレ・フジテレビ系)でデビューし、今後の活躍が期待される俳優だ。しらべぇ取材班では、そんな彼に単独インタビューを行った。


 

■『DEATH NOTE』がきっかけ

大阪出身の島村は、高校進学のタイミングで家族と一緒に上京した。落ち着いた雰囲気を醸し出すから忘れてしまいそうになるが、まだ17歳の高校生だ。家族が一緒にいてくれることに、「安心しますね」と穏やかに笑う。

役者の仕事に興味を持ったのは、小学4年生の頃。母親がレンタルビデオ店で借りてきた映画『DEATH NOTE』を観たのがきっかけだ。「お芝居かっこいいなあ」「僕もやってみたいなあ」と漠然と思い始めたという。

島村:ホリプロスターオーディションは親が見つけてくれました。僕自身、役者の仕事に興味があったので、「やりたい」と伝えて、応募しました。


最初は書類審査があって、それに合格したら、次の審査に足を運ぶ流れでした。そのときは緊張しすぎて、初めて手足が震えて。自分を落ち着かせるのに必死でした。正直あまり覚えてないです。


関連記事:石田ゆり子、親友・板谷由夏との仲良しエピソード披露 2人の関係性が可愛すぎる

 

■狭き門をパスしてファイナリストに

『ホリプロメンズスターオーディション』は、妻夫木聡、藤原竜也といった実力と人気を兼ね備えた俳優が所属するホリプロが、8年ぶりに開催した男性オーディションだ。それだけに、オーディションも狭き門。厳しい審査が複数回にわたって行われた。

島村:自己PRでは、「とにかく役者がやりたいです」ということを伝えたのと、昔からやっていたサッカーのリフティングとダンスを披露しました。


5次審査くらいまであったんですかね。2次、3次と審査が進んで、4次審査は合宿でした。合宿くらいの時期には緊張もほぐれて、自分を出せてたと思います。

次ページ
■初めての台詞は「何度も練習した」

この記事の画像(5枚)


あなたにオススメ