「子供がいないのに専業主婦」で罪悪感 妻に”夫が放った言葉”が感動的

恋愛マスター・くじらの妻でブロガーの佐々木かいさんがブログを更新。子なし専業主婦という今の生き方に至った経緯と、くじらからかけられた言葉を綴った。

エンタメ

2019/09/19 12:30

女
(monzenmachi/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

男女共働きが一般的になった今の日本。だからこそ、専業主婦(夫)の人々が、「なんで働いてないの?」という目を外野から向けられることも珍しくない。

そんな中、恋愛マスターとして人気を集めるタレント・くじら(44)の妻、佐々木かいさん(30)のブログ記事が注目を集めている。


 

■3つの理由で子なし専業主婦に

20歳からサラリーマンとして10年ほど働いていて、昨年の秋頃に仕事を辞めて1年ほど経つというかいさん。今のところ子供はおらず、結婚3年目の今は「子なし専業主婦」だという。

今の生き方を選んだのには3つの理由があり、それは「椎間板ヘルニアになりオフィスワークが辛くなってしまった」「くじらが恋愛コラムを書く仕事が多く、家にいる時間が彼のほうが長くなり、家事をやってくれることが多くなった」「東京の人混みの中で働くことに疲れた」ことだと言う。

その中でももっとも大きな理由は2つめ。もともと、かいさんはあまり家事が得意ではなく、「そんな私が外で働きながら家事もこなすということに限界を感じ」ていたとのこと。


関連記事:掃除嫌いの主婦に夫が放った「すごい言葉」 意味に気付いて驚いた

 

■罪悪感と周囲の目が…

その結果、くじらのほうが多く稼ぎ、家事も多くこなす形になってしまった夫婦。彼自身、家事分担にはもともと協力的だったが、優しい彼に甘えてしまったかいさんはダラダラと過ごすことが多くなり、ケンカが増えることに。

そして、かいさんはある日、「もう仕事やめるわ」「家のことちゃんとやるからそれでもいいかね」と宣言。くじらも「俺もそのほうが助かる」と受け入れることに。

しかし、「子供もいないのに仕事を辞めて専業主婦ってどうなんだろ」と思ったかいさんは、周囲の目を気にして転職活動をしていた時期もあったそう。

次ページ
■イケメンすぎるくじらの言葉

あなたにオススメ