電車で20分間痴漢し続けた男逮捕 「迷惑行為防止スタンプ」に注目集まる

西武新宿線痴漢男の身勝手な言い訳に非難殺到中

オトナ

2019/09/20 20:00

満員電車
(TAGSTOCK1/iStock/Thinkstock/画像はイメージです)

女性の敵ともいえる「痴漢魔」が出現し、西武新宿線上石神井駅で事件を起こした。しらべぇ取材班は、警視庁と痴漢対策最前線を追った。


 

■逃げる女性を追いかけて…

警視庁石神井署は18日、東京都練馬区関町北に住むアルバイトの男(25)を強制わいせつと建造物侵入の疑いで、通常逮捕した。容疑は、8月28日夜に、西武新宿線急行電車内で20代の女性の下半身や胸を約20分触り続けた上、女性が上石神井駅で降りてトイレに逃げ込むと、追いかけて女子トイレに侵入したもの。

警察によると、事件当時電車は身動きがとれないほど混雑していたという。男は調べに対して、「女性に腰を押しつけられ、誘っていると思った」などと供述しているとのこと。


関連記事:痴漢対策は「安全ピン」よりハンコで? ツイートが話題のシヤチハタに聞いた

 

■言い訳がひどい…

ネット上では、男の言い訳がひどい、気持ち悪いという意見もあがっている。

「都合良く解釈するな」


「刑が軽すぎんだよ! 意味不明の軽さだ」


「全鉄道は、痴漢した犯人の顔写真を吊り広告に張り付けませんか?」

次ページ
■「迷惑行為防止スタンプ」に注目

この記事の画像(1枚)