太陽が沈むのを見ると物悲しい気持ちに… 『サザエさん』と同じ効果か

太陽が沈む頃になると、なぜか物悲しい気分になることはないだろうか。1日の終わりを惜しんでいるのかも。

ライフ

2019/09/21 20:30

夕日
(kieferpix/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

太陽が沈んでいき夕暮れに染まる空を見ると、とても物悲しい気持ちになることがあるだろう。まるで、1日の終わりを惜しむようである。


画像をもっと見る

 

■「太陽が沈むのは物悲しい」2割程度

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,673名を対象に、「夕暮れについて」の調査を実施。

太陽が沈むのを見ると物悲しい気持ちになるグラフ

「太陽が沈むのを見ると物悲しい気持ちになる」と答えた人は、全体で22.7%だった。


関連記事:自分はメンタルが強いと思う? 母親になってから気持ちが変化した女性も

 

■女性は日没に寂しくなる

性年代別では、ほとんどの年代で男性よりも女性の割合が高くなっているのが印象的だ。

太陽が沈むのを見ると物悲しい気持ちになる性年代別グラフ

女性は、感受性豊かな人が多いのだろうか。

「夕焼けに染まる空の色は、なぜか切ない気持ちにさせる。もはや人間の体に、太陽が沈むのを悲しむプログラムがインプットされているのではないかと思うほど」(30代・女性)

次ページ
■空をあまり見ない男性も

この記事の画像(3枚)