仙台・教諭がいじめに関する個人情報漏洩 教育委員会は「現場に緊張感ない」

仙台市の中学校でいじめに関係した23名分の個人情報が漏洩

話題

2019/09/21 08:00

教室
(maroke/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

数々の問題が起きている仙台市教育委員会で、あってはならない事態が発生。しらべぇ取材班は、仙台市教育委員会の複数の部署を直撃した。



 

■保護者からの指摘で発覚

仙台市教育委員会は、今月、仙台市の宮城野区の市立中学校で配られた漢字テストの解答の裏面に、いじめを受けた生徒の名前などがプリントされていたと発表した。

同教委によると、9月13日に2年生の生徒の保護者から学校に電話があり、「9月6日に配布されたプリントの裏面にいじめに関する個人情報が印刷されていた」との情報提供があったという。

同日、当該保護者に謝罪の上、回収したプリントを確認したところ、裏面に印刷されていたのは、6月下旬に教育局・子供未来局・当該学校がいじめ対策、不登校に関する打合せに使用した「平成30年度いじめ事案集計表」であった。


関連記事:休校措置のため家庭で過ごす児童・生徒に朗報 印刷会社が工作用紙を無料配布

 

■23名分の個人情報が漏洩

平成30年度いじめ事案集計表には、当該校で昨年度1学年において発生した6件のいじめ事案の、被害生徒に関する情報(氏名・性別・欠席日数)、関係生徒に関する情報(氏名・性別)、概要(事案内容や指導経過、対応結果等)が書かれていた。

漢字プリントの模範解答用紙を、2年生の3クラス分81枚を印刷した際に、裏に事案集計表が印刷された用紙1枚が混じってしまったという。

9月13日夕方からプリントを配布した生徒の自宅を訪問し、回収作業を行い、9月17日までに、生徒が破棄した9枚を除き全て回収したとのこと。

次ページ
■充分に確認していなかった