過呼吸や遺書を書く乗客も 緊急着陸を決めた旅客機が8800mも急降下

十分な高度で水平飛行に入っているのに突然機長からアナウンスが…。これほど怖いものはない。

社会

2019/09/22 07:00

飛行機
(npstockphoto/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

定時の出発と予定通りの到着、そして何より安全な飛行であってほしい空の旅。こんなアクシデントに巻き込まれるのは、たまったものではない。



 

■与圧システムに不具合が発生

このほど米国ジョージア州のアトランタを発ち、1時間50分ほどをかけてフロリダ州のフォートローダーデールに到着するはずだったデルタ航空2353便において、飛行中に与圧システムの不具合が発生。急降下のせいで機内がパニックに陥ったことが伝えられた。

異変の検知により、機長はフロリダ州のタンパ国際空港に対して緊急着陸を要請。その許可を得ると、わずか7分の間に約29,000フィート(約8,800メートル)もの降下となったという。


関連記事:「俺はコロナウイルス感染者」嘘でフライト緊急着陸 ミュージシャンを逮捕

 

■経験したことのない急降下

タンパ国際空港への緊急着陸は成功したが、乗客を不安に陥れないようゆっくりと降下して減速する、という理想とは大きく異なる操縦をみせた同機の機長。

想像を絶する急激な降下が1分半近く続き、乗客は青ざめ震え上がり、隣の席の家族や恋人を強く抱きしめるなどして耐え続けた。その後、デルタ航空側はこの件について正式に謝罪し、同機の乗客に対しては全額返金となることを告げている。

次ページ
■あちこちで乗客が過呼吸に

この記事の画像(2枚)