宝くじで笑いが止まらない男 2億円当てた2年後にまた高額当選

運に見放されている。当たりに近づいてきた…。こうした冷静な判断も時には大切らしい。

社会

2019/09/22 07:40

宝くじ
(TkKurikawa/iStock Editorial/Getty Images Plus/写真はイメージです)

宝くじなど何度買ってもまるで当たらないとボヤく人がいる一方で、2度も高額当選を果たしたという幸運な人もいる。「世の中は平等なんかじゃない」と言いたくなるような話題が伝えられた。



 

■2年前に2億円超をゲット

2017年7月、米国ニュージャージー州の州宝くじで2ミリオン・ドル(日本円にして2億1,500万円)を当てた、ニューアーク在住のフレディー・Rさんという男性。彼がこのほどまたしても高額当選を果たした。

前回は『プラチナ・ダイヤモンド・スペクタキュラー』というスクラッチカードだったが、今回はクロスワード・スクラッチに初めて挑戦し、見事に賞金25万ドル(約2,700万円)を当てたという。


関連記事:宝くじで1億円をゲットした男性 「あまりの強運」でじつは過去にも…

 

■低迷期に入ったと感じたら…

州宝くじの当選イベント会場に登場して名前を告げると、嬉しそうにボード型の黄色い小切手を受け取り、それを胸の前に掲げたフレディーさん。定年退職後のことを考え、賞金はとりあえず貯蓄に回すつもりだという。

そして彼は勝因についても語ってくれた。まるで当たらないと低迷期に入ったことを感じた彼は、そのくじに固執することをキッパリとやめ、かつて手にしたことのないタイプのくじに挑戦してみたとのこと。すると予想通り新たな運が開けたそうだ。

次ページ
■3回も高額当選した夫婦

この記事の画像(1枚)